2018年11月24日

ウェイモ、ホンダ、GMの連合強化で自動車の次世代化が進む

ホンダとGMとの協業は、燃料電池電気自動車(FCEV)や2次電池に加え、自動運転にまで拡大強化した。

両社は、Googleから独立したウェイモとの提携をしていて、ウェイモ、ホンダ、GMが連合したと言える。


1)Honda Joins with Cruise and General Motors to Build New Autonomous Vehicle

Honda investment of $750 million values Cruise at $14.6 billion

October 3, 2018, U.S.A.

ホンダとGMは協業関係強化で「自動運転」の雄になれるか(ダイヤモンド・オンライン)

ホンダとGMは協業関係強化で「自動運転」の雄になれるか ... ホンダは10月、米・GM(ゼネラルモーターズ)と「自動運転技術提携する」と発表した。 ... ボルト・ベースの自動運転車開発に切り替え、すでに100台以上のテスト車両を運行させている。

2) 燃料電池電気自動車(FCEV)や2次電池の分野ですでに協業を行っている。



posted by アナリス at 17:42 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

フォードやWVと自動運転技術で提携するARGO AI(アルゴAI)技術

自動運転技術で話題の「argo.ai 」について調べた。

www.argo.ai


アメリカの企業で、フォードと提携している。


独VW(フォルクスワーゲン)と提携する話もある。

独VW、フォード支援のアルゴに出資も−電気・自動運転提携協議

独VW、フォード支援のアルゴに出資も−電気・自動運転提携協議. Christoph ... ン(VW)と米フォード・モーターは近く、電気・自動運転車を巡る提携の枠組みで合意する。 ... VWはまた、自社の電気自動車技術をフォードと共有する構えだという。

「argo.ai 」は、買収をして、規模を拡大していることが分かった。

http://ex-press.jp/lfwj/lfwj-news/lfwj-biz-market/21205/

2017年10月にPittsburgh--Argoは、LiDARセンサの開発と商用化で広範な経験を持つ企業、Princeton Lightwaveを買収した。


Princeton Lightwaveの技術は、検出範囲と分解能を拡張するLiDARセンサ技術があるようである。


Argoの技術を補完し拡張する。

by アナリス

posted by アナリス at 17:02 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

大森バルブの特許

TBSテレビのドラマ「下町ロケット」の第2話が本日放送される。

佃製作所は、第1話でコンペで大森バルブに技術の凄さで勝利した。

第2話の予告では、特許問題が発生するらしい。

ということで、シンプルに特許を調べて見た。

出願人が「大森バルブ」の特許出願人の特許を調べました。

しかし、存在しなかった。

架空の企業名だと思いました。ドラマですので当たり前。

一方、トランスミッションの特許、特に、トラクターのものを調べて見た。

井関農機、ヤンマー、などの大手のトラクターメーカーの特許出願があることがわかった。

勿論、大森バルブの名前はなかった。

井関農機のトラクター製品を調べて見ました。

ありました。

photo04.jpg

井関農機は、「ダイレクトに変速するから、ロスが少ない動力切れの少ない変速」としていて、

ドラマの第一話の耕しのムラ軽減をする技術が井関農機にはあるのかもしれないと思いました。


もしかすると、大森バルブは、井関農機をイメージしたのかもしれないと思いました。


今回の佃製作所のトランスミッションは、部品が少なくて、壊れにくいというもの。

佃製作所の名前で特許出願して欲しいと思いました。

本日放送のドラマを楽しみましょう。


by アナリス

posted by アナリス at 14:18 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事