2017年11月11日

自動運転自動車・EVの電池革命、全個体電池(2)

技術は、「酸化物層含有発電素子 含む 全固体リチウム二次電池」だった!

前回ブログで書いた全個体電池の特許を調べた結果がこれだ。

トヨタ自動車(株)と東京工業大学のNEDOプロジェクトの研究グループは、リチウムイオン電池の3倍以上の出力特性をもつ全固体電池の開発に成功しましたとあって、その特許出願内容から技術を深堀してみた。


出願日: 2008/02/12 登録日: 2011/03/04


権利者;トヨタ自動車(日本)


要約

【課題】本発明は、硫化物系固体電解質材料が含まれている電解質含有層と外気中の水分との反応を抑制することができる、耐水性を向上させた全固体リチウム二次電池を提供することを主目的とするものである。


【解決手段】本発明は、硫化物系固体電解質材料を用いた全固体リチウム二次電池であって、少なくとも上記硫化物系固体電解質材料が含まれている電解質含有層と外気とが接触する部位に、実質的に水分を含まない上記硫化物系固体電解質材料が酸化されてなる酸化物層が形成された酸化物層含有発電素子を有することを特徴とする全固体リチウム二次電池を提供することにより、上記課題を解決する。


請求項

硫化物系固体電解質材料を用いた全固体リチウム二次電池であって

少なくとも


前記硫化物系固体電解質材料が含まれている電解質含有層と外気とが接触する部位に、実質的に水分を含まない前記硫化物系固体電解質材料が酸化されてなる酸化物層が形成された酸化物層含有発電素子


を有する

ことを特徴とする全固体リチウム二次電池。






posted by アナリス at 07:46 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

自動運転自動車・EVの電池革命、全個体電池

ハイブリッド自動車やEV自動車の普及が目覚ましい中で、電気で動くようになった自動車。
そのカナメが電池。今はエンジン並みに大きいのがリチウムイオン電池。
これを大幅に小型化するという電池を発明された。液体電池ではなく、全個体電池と呼ばれるもの。

液体より安全で、小型化できる。革命的な発明。

その記事を紹介する。
出展;Motor Fan illustrated Vol.131

2017年11月5日放送のTV番組「がっちりマンデー」で知りました。

トヨタと東京工業大学との共同開発によるもので、調べたら、特許出願もあるようだ。

さらに調べてみた。

トヨタ自動車(株)と東京工業大学の研究グループは、過去最高のリチウムイオン伝導率を有する超イオン伝導体を発見し、これを応用してリチウムイオン電池の3倍以上の出力特性をもつ全固体電池の開発に成功しました。

とあり、電池出力が3倍だという。


自動運転自動車の時代がさらに確実になってきている。電池で動く自動車の便利さを担う技術が続々登場してきている。


「広告」

自動運転自動車の技術情報ならば、アナリスサイトへ


seesaa_profile_icon



posted by アナリス at 09:01 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

自動運転自動車「ニュース掲載ワード」ランキング

「ニュース掲載ワード」ランキング

自動運転自動車の日々のニュースを捉えた「ニュース掲載ワード」をランキングしてみました。



対象は、アナリスSite別館です。

seesaa_profile_icon


posted by アナリス at 07:30 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事