2011年03月27日

エネループの特許分析

エネループをメーカHPから調べ始めました。

・ニッケル水素充電池の歴史は、ウィキペディアによると、以下に示すように、新しい技術ではないようです。
 →「1970年代のコムサットから始まり、最初の使用は1977年、アメリカ海軍の航法衛星 (NTS-2) である」
 つまり、基本特許はない筈ですね。理由は、発明から20年を発明者に独占する権利が与えられるのが特許権であるため。
・では、なぜ、三洋電機がこの製品を独占できるのか?
 恐らく、製品化する実用レベルの工夫がある筈と仮説を立て、この後特許を調べてみることにします。

本日はここまでです。

さて、企業知財の方に、以下質問にコメントお願いします。

【質問】
Q1.自分の会社で他社製品の特許の抽出活動を定常的に行っていますか?
Q2.特許の抽出活動は、どのくらい工数、費用をかけていますか?
 ※ このブログでは1時間〜8時間くらいで、特許の抽出活動を実施して紹介しています。

いかがでしょうか?
以下COMMENTをクリックして、コメントをお願いします。
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング 人気ブログランキングへ← 一票のお願い
タグ:分析
posted by アナリス at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「災害時対応商品」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

災害時品、エネループ

次の分析テーマは、エネループにします。

災害時にある現在、電池が買えない状況が続いています。
インターネット通販で単一のエネループを探したのですが、すべて売り切れでした。

さて、以下をクリックして、価格ドットコムをご覧ください。

充電池・充電器 売れ筋ランキング

充電池はなぜ三洋電機の独占状態なのでしょうか?
アルカリ電池やマンガン電池は複数社で販売しているのに、不思議ではないですか?

私は、それが特許権で保護されているのではないかと思います。それを確認するために、
まずは、三洋電機が特許権を保有しているのかどうかを調べてみることにします。
 

 

タグ:分析
posted by アナリス at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「災害時対応商品」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

手回しラジオの特許出願

前回のブログでソニーの手回しラジオの特許を再度調べなおしました。

登録特許、あるいは、それに繋がりそうなものがあるのではと考たのですが、
残念ながら結果は下表でした。つまり、すべて失効でした。
手回し充電という狙いでの権利化は難しく、一方、だれもが自由に製品化できる技術の模様。

公報番号発明の名称出願人審査状態
1特開2007-330024充電装置ソニー株式会社未審査請求取下
2特開2007-267529充電装置、充電方法ソニー株式会社未審査請求取下
3特開2007-110818手動充電装置、手動充電方法、及び携帯端末装置ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社未審査請求取下
4特開2004-056891電子機器ソニー株式会社未審査請求取下
5特開2001-086380電子機器、ビデオカメラ及び手動充電用のバッテリーパックソニー株式会社未審査請求取下
人気ブログランキングへ ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
タグ:分析
posted by アナリス at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「災害時対応商品」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事