2017年07月22日

ハンドルを自動操作する衝突防止機能の特許マップ

レクサスが世界初で搭載した衝突防止技術は、ハンドルを操作するというもの。

その特許出願マップを作成したので紹介する。

スクリーンショット 2017-07-22 19.46.49.png
 ※ 検索式=操舵」*「衝突」(日本、公開&登録)

トヨタ自動車の特許出願が40%を超える。
2004-2007年に出願数がピークだったようで、
それから10年がたち、技術の完成度が高まって、製品搭載に結びつけたものと予測される。


-----------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_iconリックすると、

「自動運転」動向調査サイトへ


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------
posted by アナリス at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界初,、ハンドルを自動操作する衝突防止機能

その世界初の機能を搭載したのは新型「LS」のレクサス。
003_jp_l.jpg

------------------記事--------------------------------
レクサス、新型「LS」日本初披露=11年ぶり全面改良、今秋発売
自動ブレーキだけでは衝突回避が難しい場合、ハンドルを自動操作して衝突防止を支援する機能を世界で初めて搭載した。日本仕様車には、海外に先駆け、高速 ...
--------------------------------------------------

トヨタの特許出願で「操舵」*「衝突」で検索してみたら、特許出願があった。
しかも、1件、2けんではない、多く!

技術が積み上げられていることが推測された!

------------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_iconリックすると、

「自動運転」動向調査サイトへ


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------
posted by アナリス at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

パテントマップ、グーグルの日本特許とWaymoの特許米国

Googleの特許を日本と米国での出願を比較した。

日本は、グーグル名義、米国は、Waymo名義。
2012年から急増し100件を超え、今後も増える見込み。(2014年の出願数は、特許公開が今後増えると予測される)

スクリーンショット 2017-07-09 20.25.35.png

------------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_iconクリックすると、
「自動運転」動向調査専門サイトへ


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------

posted by アナリス at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事