2019年01月14日

車線逸脱防止支援の特許出願をトヨタが活性化した年?

自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能で、運転者の操作を支援する技術のことを示す。

トヨタ、日産、マツダ、など自動車メーカーが、技術開発(特許出願)に取り組んでいる。


ここでは、トヨタにフォーカスし、パテントマップを示す。


2015年から出願が活性化していた。


最近公開された出願サンプルの技術内容を見てみた。

車線数の減少に伴う逸脱防止の技術で、「車線数の減少」という特殊事情の技術課題に適用する技術を開発していることが分かった。


以下マップ等を参照してください。


トヨタ

センシング・制御・操舵の3機能

  • 車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、白線(黄線)を踏み越えそうな場合、ブザーとディスプレイでお知らせる技術。
  • 追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)、車間距離を一定に保って、ついていく技術
  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)、車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートする技術。

パテントマップ;トヨタの逸脱防止技術(日本特許)

コメント;2015年から開発強化されている

最新の特許サンプル

posted by アナリス at 21:12 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事