2018年11月24日

ウェイモ、ホンダ、GMの連合強化で自動車の次世代化が進む

ホンダとGMとの協業は、燃料電池電気自動車(FCEV)や2次電池に加え、自動運転にまで拡大強化した。

両社は、Googleから独立したウェイモとの提携をしていて、ウェイモ、ホンダ、GMが連合したと言える。


1)Honda Joins with Cruise and General Motors to Build New Autonomous Vehicle

Honda investment of $750 million values Cruise at $14.6 billion

October 3, 2018, U.S.A.

ホンダとGMは協業関係強化で「自動運転」の雄になれるか(ダイヤモンド・オンライン)

ホンダとGMは協業関係強化で「自動運転」の雄になれるか ... ホンダは10月、米・GM(ゼネラルモーターズ)と「自動運転技術提携する」と発表した。 ... ボルト・ベースの自動運転車開発に切り替え、すでに100台以上のテスト車両を運行させている。

2) 燃料電池電気自動車(FCEV)や2次電池の分野ですでに協業を行っている。



posted by アナリス at 17:42 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事