2018年10月21日

大森バルブの特許

TBSテレビのドラマ「下町ロケット」の第2話が本日放送される。

佃製作所は、第1話でコンペで大森バルブに技術の凄さで勝利した。

第2話の予告では、特許問題が発生するらしい。

ということで、シンプルに特許を調べて見た。

出願人が「大森バルブ」の特許出願人の特許を調べました。

しかし、存在しなかった。

架空の企業名だと思いました。ドラマですので当たり前。

一方、トランスミッションの特許、特に、トラクターのものを調べて見た。

井関農機、ヤンマー、などの大手のトラクターメーカーの特許出願があることがわかった。

勿論、大森バルブの名前はなかった。

井関農機のトラクター製品を調べて見ました。

ありました。

photo04.jpg

井関農機は、「ダイレクトに変速するから、ロスが少ない動力切れの少ない変速」としていて、

ドラマの第一話の耕しのムラ軽減をする技術が井関農機にはあるのかもしれないと思いました。


もしかすると、大森バルブは、井関農機をイメージしたのかもしれないと思いました。


今回の佃製作所のトランスミッションは、部品が少なくて、壊れにくいというもの。

佃製作所の名前で特許出願して欲しいと思いました。

本日放送のドラマを楽しみましょう。


by アナリス

posted by アナリス at 14:18 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事