2018年06月09日

無人配送、自動運転の先頭を走る理由

事故発生で自動運転に対しネガティブな記事が出る中に、実証実験など無人配送のポジティブ記事が出る。

理由は、無人への懸念を超える利益と利便性が先に待っているからだと思う。

商品を届けてもらうサービスが無人ゆえに安くなる。無料だったりする。
お年寄りなど、自宅に配送がしてもらえる。呼べばすぐくる。

宅配便の再配達が面倒であるが、帰宅時にスマホで呼べばすぐ来る。再配達が減る。
ネット通販が夜中配送などにより、すぐ物が届く。

無人配送に期待する多くの人がいる。このような企業の動きがある。
  • 配達事業者
    • ロボネコヤマトのヤマト運輸
    • 郵便局
  • コンビニエンスの宅配事業者
    •  ローソン
    • セブンイレブン
  • 自動運転事業者
    • ディー・エヌ・エー(DeNA)
  • 自動車メーカーの無人バス、タクシーの開発
    •  メルセデス・ベンツ
この動きは、まだまだ一部である。
この後、調べてみようと思う。

by アナリス

posted by アナリス at 22:09 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事