2018年03月11日

NVIDIA、自動運転自動車を牽引する

NVIDIAは、2017年12月度ニュース掲載Wordランキングで上位となりました。

概要を紹介します。

  • 特集「12月記事でを最近のNVIDIAを知ろう

  • 産業グレードのディープラーニングの活用例を牽引する。
  • エヌビディアの提携先自動車メーカーには、トヨタ、米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディ、「ZF ProAI」を共同開発したZF。
  • 他の提携先には、富士通、ファナック、AIST研究所(スーパーコンピューター)や複数のAIスタートアップ企業。株式会社カブク。
  • 技術提携の名古屋大学発のベンチャー「TierW(ティアフォー)」は、来春から愛知県内で実証実験を始める自動運転式小型EV「Milee(マイリー)」を開発。
  • エヌビディアGPU採用企業;設機械大手の「コマツ」
  • 開発内容;GPU,「NVIDIA DRIVE」と呼ばれる自動運転アーキテクチャ、「ZF ProAI」(中枢スーパーコンピュータ)
  • 成功の鍵は、安全性。自動運転車にディープラーニングを利用で懸念されるのが、安全性で、エヌビディアは、ここを重視している。
  • 自動運転車の製品等;迫力満点の「BB8」。 可愛い外観の「Milee」。

つまり、NVIDIAは、トヨタをはじめ多くの自動車メーカーに採用されたGPUメーカーで、GPUのチップだけにとどまらなく、ディープラーニングを利用でた自動運転のソフトウエアの開発を行い、より多くの企業と提携している自動運転自動車市場のキー企業です。


記事などのリンクなどは、ホームページに掲載しています。

seesaa_profile_iconをクリックしてください。



posted by アナリス at 17:41 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事