2018年02月18日

自動運転車の普及の鍵を握るライダー(Lidar)

ライダー(Lidar)について、調べてみる。

light detection and ranging(光による検知と測距)」の略語とされソナーやレーダーと同様に、「反響定位法(echo location)を採用している、物体検知技術である。詳細


1)Lidarは、自動車の行く先にある障害物を立体的に検知し、検知情報を3Dイメージ化する。
2)3Dイメージを解析して、障害物であるかどうかを判定する。
3)障害物と判定された場合、距離を計算する。
4)衝突しそうな距離と判定したらブレーキをかけるなどの自動車を制御する。

これが自動運転車の1つの機能となる。

自動ブレーキだけでは無い。自動追従にも使える。

白線検知ではみだし防止にも使える。

つまり、Lidar技術は、自動運転自動車のキー技術になる。

次に、Lidarを開発にできる企業を記事で調べてみた。

ベロダイン(Velodyne)、イスラエルのLiDARメーカー「イノヴィズ」、Luminarの名前が上がった。


技術の違いなど、このあと、調べてみる。


次回をお楽しみに!



自動運転の情報ならば、seesaa_profile_icon





posted by アナリス at 21:29 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事