2016年08月21日

自動運転は安全のためか?/逆か?

自動運転自動車の事故のニュースがある。
これは、事故を引き起こす悪いもののような印象がある。

しかし、自動車メーカーは、安全のために自動運転を搭載するとしている。
その矛盾するような2つの情報の真実を知りたい。

事故が減ったとする記事を探したら、アイサイトで衝突事故が減ったことの記事を発見した。

スバルアイサイト搭載車の事故件数、非搭載車の6割減追突事故は8割減;出典;Response

http://response.jp/article/img/2016/01/26/268553/1008835.html


アイサイトは、衝突時に作用するもの。通常運転時に作用しないので、当然の結果と言える。


つまり、自動運転が事故が生きる時だけ作用するのであれば、確実に事故が減る、

一方、通常運転時に自動運転に頼ると、どうなるのか?


推測になりますが、事故が起きそうな人、例えば、居眠り運転者に作用するようであれば安全になると言えるだろう。



posted by アナリス at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事