2016年03月22日

今度は短編小説を執筆した。「人工知能(AI)はどこまで進出するの?

囲碁の棋士、自動運転の次は、小説家だという。


人工知能、小説も人間と共作で文学賞1次通過

「人工知能(AI)が人間と共同で「執筆」した短編小説が、国内文学賞の1次審査を通過した。 応募した2チームが21日、東京で報告会を開いて発表した。」

引用;2016 0321日、提供元:読売新聞


人工知能が労働する時代は近い。安価な労働力と見れば、安く高品質なものが生まれる。

一方、人間を超えると考えれば、人の失業が増える。


さて、どうなるのかなー?将来の世の中は?


posted by アナリス at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事