2016年03月21日

自動運転、トヨタの大転換

トヨタは、これまで自動運転を人を支援するものと位置付けていたという。
それを大転換するという記事だ。
アシストではなく、完全に人が運転しない方向性を目指すという記事だ

「トヨタが方針を大転換。ドライバーが要らない「完全自動運転車」開発を目指す」

(20160314日、Economic News;http://economic.jp/?p=59684


この転換は、米の動きを意識した結果ではないかと思った。
つまり、「人工知能(AI)を連邦法上の運転手とみなす方針を明らかにした。」(201629日 ロイター)という米当局の動きだ。

グーグルが米当局を動かしたことが、トヨタの大転換に結びついたと思われる。

posted by アナリス at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事