2013年05月26日

サーキュレーション気流のコアンダ技術

ダイキンのエアコン、うるさら7のサーキュレーション気流を深堀します。

レポート記事からすればコアンダ技術とよばれる天井を沿わせる風を送る技術え、その送風用の羽根が工夫されていうことが分かりました。
この後、そこに特許があるのかを調べてきます。

レポート記事
http://allabout.co.jp/gm/gc/402865/2/

実は、エアコンの吹き出し口は天井に近い壁面にあることが多く、風が天井に沿って壁から真っすぐに吹き出しています。すると、空気は天井を這うように進んでいくため、室内に居る人に直接当たることなく正面の壁まで届き、沿って下降し室内全体に対流を起こします。これがまさに快適さに直結していたのです。

風を沿わせて曲げる「サーキュレーションフラップ」で、天井に沿う風を実現
そこで、コアンダ技術を採用した新フラップ(羽根)「サーキュレーションフラップ」を開発。フラップに風を沿わせて曲げることで上方に向かって吹き出し、そのまま天井に沿って遠くまで届くような気流を実現しました。さらに、室内機の下部から吸い込む構造にし、空気を上から出して下から吸うことで循環させる「サーキュレーション気流」ができたのです。こうして、人に直接風を当てることなく、室内の空気を循環させることができるようになったのです。

Coanda effect
流体が物体の表面を流れるとき、物体の表面外形へ貼りつくように沿って流れる現象。


タグ:分析
posted by アナリス at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「エアコン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事