2012年12月01日

ブリヂストン REVO GZ の特許

前回紹介したREVO GZ の特許を調べましたので、お知らせします。

http://www.bridgestone.co.jp/personal/tire/blizzak/revo_gz/technology.html

REVO GZ は、新素材「コンティニューミクロパウダー」配合のレボ発泡ゴムGZ。摩耗時に発泡ゴム内の気泡や水路が連結し、すべりの原因である氷上の水膜を効果的に取り除き、氷上での優れたグリップ力を発揮するようで、

青字部分の技術で検索した結果、7件の出願が抽出されました。
その最先願は、その基本的な技術のものと思います。

ブリチストン.png


特願2006−546728
【優先日】平成16年12月7日
【出願人】株式会社ブリヂストン

【要約】
本発明は、上記従来における諸問題を解決するために、湿潤路面での制動性や操縦性(WET性能)に優れ、しかもエッヂ効果又はスパイク効果を十分に発揮する氷上性能(面制動・駆動性能)に優れたタイヤを提供するものである。また、工場での作業性を高め、水膜除去性能を発揮するミクロな排水溝が確実に形成されるようにしたタイヤを提供するものである。タイヤの路面と実質接する面に発泡ゴム層は、粒径が10μm以下である少なくとも1以上の無機化合物粉体をゴム成分100質量部に対して5〜20質量部を含むものである。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
路面と実質接する面に発泡ゴム層が設けられるタイヤであって、上記発泡ゴム層は、その発泡率が3〜50%の範囲にあり、ゴム成分には少なくとも天然ゴムとポリブタジエンゴムが含まれ、且つゴム成分の100質量部に対して天然ゴムが20〜70質量部の範囲、及びポリブタジエンゴムが30〜80質量部の範囲で含まれ、また、カーボンブラックがゴム成分の100質量部に対して5〜55質量部の範囲で含まれ、シリカがゴム成分の100質量部に対して5〜55質量部の範囲で含まれ、下記一般式(I)で表される粒径が10μm以下である少なくとも1以上の無機化合物粉体がゴム成分100質量部に対して5〜20質量部の範囲で含まれることを特徴とするタイヤ。
M・xSiO2・yH2O・・・・・・(I)
〔式(I)中のMは、Al、Mg、Ti、及びCaから選択される金属酸化物又は金属水酸化物であり、x、及びyはそれぞれ異なっていてよい0〜10の整数である。〕

タグ:分析
posted by アナリス at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「タイヤ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事