2012年09月05日

アップルの米国の特許

アップルの米国の特許番についての記事を調べました。
日本で敗訴した「同期」特許とは、異なります。

http://japanese.joins.com/article/743/158743.html?servcode=300&sectcode=300
 アップルが追加で主張した特許侵害技術は▽メールなどから電話番号・メールアドレスを探知し、タッチ1回で電話をかけたりメールを発送する技術(米国特許5946647)▽不在中通話管理技術(米国特許8014760)▽メーン画面で最近の入力または使用内容を表示する技術(米国特許5666502)▽画面を押してロック解除する技術(米国特許8046721)−−など。

http://www.google.com/patents?id=aFEWAAAAEBAJ&printsec=abstract#v=onepage&q&f=false
http://www.google.com/patents?id=ZVvtAQAAEBAJ&printsec=abstract#v=onepage&q&f=false
http://www.google.com/patents?id=cHAmAAAAEBAJ&printsec=abstract#v=onepage&q&f=false
http://www.google.com/patents?id=cYf5AQAAEBAJ&printsec=abstract#v=onepage&q&f=false
タグ:分析
posted by アナリス at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「iPhone」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事