2012年07月29日

プチサイクロン掃除機のサイレンサー構造の特許

プチサイクロン掃除機のサイレンサー構造について、分析を継続する。

http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2130/id=23557/
によれば、静音設計として、吸気音・モーター音・排気音を低減がポイント。
また、モーターのファンを9枚にすることで高周波音も抑えているほか、フローリングでの走行音を抑えるソフトキャスターを採用している。
とある。

さて、その特許を調べてみたら、数件抽出された。
実掃除状態に無い場合に省電力および静音化を図るために強制停止する電気掃除機のようで、強制停止解除時の使用者の違和感を無くすことを目的とする発明があった。

--------------------------------------------------------------------------------
特開2010−63573
【発明の名称】電気掃除機
【出願番号】特願2008−231724(P2008−231724)
【出願日】平成20年9月10日(2008.9.10)
【出願人】パナソニック株式会社

(57)【要約】
【課題】実掃除状態に無い場合に省電力および静音化を図るために強制停止する電気掃除機において、強制停止解除時の使用者の違和感を無くすことを目的とする。
【解決手段】操作部4を備え本体1に着脱可能なホース3と、ホース3に着脱自在な延長管5と、延長管5及びホース3に着脱可能で被掃除面との接地の有無を検出可能な接地検出手段を備えた吸込み具6と、操作部4で設定される運転モードで電動送風機2を駆動制御する制御手段16とを備え、制御手段16は接地検出手段の出力情報から吸込み具6が被掃除面に接地していないことを検知すると電動送風機2を強制停止するよう制御すると共に、制御手段16は強制停止中に予め設定された強制停止解除条件が成立すると、強制停止前又は予め設定された吸込み力となるように電動送風機2を運転するもので、強制停止解除時の使用者の違和感を無くした使い勝手の良い電気掃除機を提供できる。


タグ:分析
posted by アナリス at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「東京モーターショー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事