2012年06月22日

バルミューダの特許

バルミューダの特許を扇風機に限らず調べました。

扇風機の出願1件のみでした。
V1<V2の関係にする技術。
これによって、風量を強くすることができる。

※ V1=内側羽根群によって形成される風の速度
※ V2=外側羽根群によって形成される風の速度


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(11)【公開番号】特開2011−256876
(54)【発明の名称】軸流ファン
(21)【出願番号】特願2011−183074
(22)【出願日】平成23年8月24日
(71)【出願人】バルミューダ株式会社

--------------------------------------------------------------------------------

(57)【要約】   (修正有)
【課題】扇風機や暖房機などの送風のための軸流ファンにおいて、従来型と直径と回転数を同じくした時に、前方に発生する風の面積、及び風量を大きくし、しかも、ファン自体の強度を保ったまま、量産が容易なように二分割式金型で製造可能とする。
【解決手段】回転駆動手段の回転軸に取り付けられる回転軸部4と、該回転軸部の外側に該回転軸部と同軸に設けられた内側羽根群と、該内側羽根群の外側に該内側羽根群と同軸に設けられた外側羽根群とを備え、該内側羽根群は該回転軸部を中心にして放射状に設けられた複数の内側羽根2からなり、該外側羽根群は該回転軸部を中心にして放射状に設けられた複数の外側羽根3からなる軸流ファンにおいて、該内側羽根と該外側羽根の枚数、面積、角度、形状を設計することにより、該内側羽根群によって形成される風の速度V1と該外側羽根群によって形成される風の速度V2を、V1<V2の関係にする

タグ:分析
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事