2012年05月21日

掃除機の進化

掃除機の進化は、ロボットだけではない。ダイソンやエレクトロラックスらが、高価な機種を販売してきている。

http://kakaku.com/article/pr/12/04_electrolux_ergothree/
エレクトロラックスの「エルゴスリー」は、キャニスター型掃除機。最大の特徴は、日本市場を徹底調査して開発された“日本向け”の掃除機であるということ。 日本のユーザーが掃除機に求める「パワフル」「サイレント」「クリーン」という性能を、高い水準でクリア。 なかでも、パワフルさをあらわす清掃能力において、フローリングでは99%、カーペットでは80%という最高水準のダストピックアップ率を実現した(※)。 さらに独自の特許技術「サイレント・エア・テクノロジー」を用いることで、パワーと静かさという相反する2つの問題をクリア。日本ユーザーが求める「パワフルなのにサイレント」を同時に実現したのである。
タグ:分析
posted by アナリス at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「ロボット掃除機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事