2012年03月07日

東芝の洗濯乾燥機の振動抑制技術

東芝のヒートポンプ洗濯乾燥機の特許は、2004年9月から出願が始まり、計94件が出ていたことを前回説明した。

さて、この94件において、今回購入したZABOON TW-Z8200L に関する技術が含まれていると思います。
ヨドバシカメラの店員さんによれば、乾燥機能は、パナソニックと東芝の共同開発でほぼ同じ性能と言いながら、一方、東芝の方が振動を無くす工夫を加えていて、洗濯ものの偏りによって、乾燥中にエラーがでることを無くしたと言っていました。

それがよいと思い、妻が購入を決断しました。

さて、先の94件の出願の中から、その振動を無くす技術があるのかについて、この後調べてみることにします。
タグ:分析
posted by アナリス at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「洗濯乾燥機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事