2012年02月26日

空気清浄機技術での洗濯機

取り上げたテーマには、空気清浄機、除湿機がありました。その技術にはヒートポンプ技術が使われています。

さて、本日、このヒートポンプ技術が洗濯機にも使われるようになったことを知りましたのでその説明をします。

そもそもとはヒートポンプ技術
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%BC

これを知るきっかけは、自宅の洗濯機の乾燥機能が壊れたためで、新しい洗濯機を調べたためです。

自宅の洗濯機の乾燥機能は、ヒーターで暖めて乾燥するものでしたが、今はヒートポンプに変わってきているようです。
約50%の省エネになります。
他のメリットも多くあり、乾燥時間も長くならないようです。電気屋さんいわく、悪いことはほとんどないようです。

ヒートポンプの基本的な技術は、基本特許があったとしても失効しているくらい古いと思います。
この乾燥機能に関する特許は、洗濯機の乾燥に使う上での工夫がある筈で、その特許を調べてお知らせしようかと思います。
タグ:分析
posted by アナリス at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「花粉除去の空気清浄機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事