2012年02月20日

nanoeの進化はプラスイオン

花粉のシーズンが今年も始まりました。「空気清浄機」は昨年ブログで取り上げました。

3社比較
http://bunseki-kaisha.seesaa.net/article/188444133.html

さて、それから1年経過して、現在の「空気清浄機」機能がどのように進化しようとしているかを見ていきます。

まずは、昨年購入したnanoeのパナソニックについて、追跡調査をしてみます。
本日は、リリースを見てみます。

8月リリースの以下をご覧ください。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110823-1/jn110823-1.html
「ナノイー」&「アシストイオン」で浮遊カビ菌・浮遊菌の抑制スピードを向上※1※2

「ナノイー」搭載 加湿空気清浄機 4機種を発売


「ひとセンサー」と「メガキャッチャー」の連動でハウスダスト集じんスピードを向上

とあります。

昨年にすでに存在していた「ナノイー」に、「アシストイオン」が加わりました。
説明図を見てみると、
「アシストイオン」により浮遊カビ菌がプラスに帯電することで、マイナスに帯電している「ナノイー」が浮遊カビ菌に接触しやすくなるようです。
マイナスイオンだけでなく、プラスイオンを放出するのでしょう!

昨年のブログhttp://bunseki-kaisha.seesaa.net/article/188444133.html

によれば、
パナソニックnanoeは、マイナスイオンを発生させていましたが、今年は、プラスイオンを発生させるように工夫した模様です。
また、ダイキン、シャープは、いち早く、プラスイオンを発生させていたようでした。

イオン技術について競っていることがよくわかりました。

タグ:分析
posted by アナリス at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「花粉除去の空気清浄機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事