2012年02月14日

掃除機市場の外国勢

ロボット掃除機市場に踏み込めないパナソニックについて前回書きました。

価格.comの売れ筋ランキングを見てみたら、1位を死守したものの外国勢に占有されようとしていることが分かりました。
安全性に挑む技術開発ができない筈はないように思います。このような状況で日本メーカーはいいのでしょうか?


価格.comの売れ筋ランキング(2012/02/14)
1位 パナソニック MC-PA21G-S [クリスタルシルバー]
2位 アイロボット ルンバ780
3位 シャープ EC-PX200-S [ライトシルバー]
4位 アイロボット ルンバ770
5位 ダイソン Dyson Digital Slim DC35 マルチフロア
6位 エレクトロラックス エルゴラピード・プラス ZB2904X [コッパー]
7位 ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド
8位 三菱電機 Be-K TC-FXA5J-A [ブルー]
9位 日立 2段ブーストサイクロン CV-SU7000(R) [ルビーレッド]
10位 日立 かるパック CV-PU20(P) [ラベンダー]
タグ:分析
posted by アナリス at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「ロボット掃除機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事