2012年02月12日

ロボット掃除機市場に踏み込めないパナソニック

掃除ロボットを日本の家電各社がつくれない理由について、昨日のYahooの記事で取り上げられていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000556-san-bus_all

ヒット商品となった「ルンバ」の掃除ロボット市場に対し、
日本の家電メーカーは、東芝のみで、パナソニックやシャープがなぜ参入しないのかを記事にしたもので、「安全性」面が理由だそうです。

例えば、掃除ロボットが仏壇にぶつかり、ろうそくが倒れ、火事になる▽階段から落下し、下にいる人にあたる▽よちよち歩きの赤ちゃんの歩行を邪魔し転倒させる−などだということを嫌ってのこのとしている。一方、パナソニックは、それを開発する技術力があろとしている。

さて、過去(2011/09/18)の本ブログでは、そのパナソニックの掃除ロボットの特許があることを紹介しました。
http://bunseki-kaisha.seesaa.net/article/226567474.html

確かに、商品化する準備はできているといえるでしょう!
「安全性」といっても、予めマニュアル等で記載しておけば問題ないように思えますが、そうはいっても訴えられるリスクに対し販売できないようです。

posted by アナリス at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「ロボット掃除機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事