2012年01月29日

カメラ市場全体から見たコダックのデジタル化の遅れ

コダックのデジタル化の遅れがカメラ市場全体と比べてどのような特許件数になっていたのかを調べました。
1995年のQV10でスタートしたデジタルは、1998年にフィルムを超え、さらに、フィルムの全盛をも超えてきています。
一方、コダックのデジタルカメラの出願は、全体で見れば僅かで、開発しての出願数とは言いにくい体制であったことが分かりました。

【グラフ1】 カメラの出願件数における、銀塩とデジタルとを比較したグラフ
カメラの出願件数グラフ.png

【グラフ2】 グラフ1にコダックのデジタルカメラの件数を加えたグラフ
コダックの遅れ.png

posted by アナリス at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「コダックの破綻」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事