2012年01月22日

遅れが致命傷へ

大企業がつぶれるパターンとして、時代への乗り遅れがあるようだ!
デジタル化に逆らってはダメなパターンということ。そこには、商品戦略といったレベルの問題ではない。

デジタル化への遅れが原因で、コダックが破綻したことを前回ブログで記載した。

その後調べてみたところ、ポラロイドも同じ失敗をしていたことが以下の記事で分かった。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091203_333113.html

つまり、ポラロイドも、フィルムからデジタル化に乗り遅れ、一度破産。
復活をかけ、小島氏を社長に迎えたが、・・・・・。
要は、小島氏は、コダックの復活に失敗しポラロイドの復活をしようとしているという記事である。
この記事が2009年であることを踏まえると、その成果が出るころだと思います。

、「デジタル時代になっても、インスタントプリントに勝るものは無い」と小島氏は復活に向け自信を見せたとあるが、ニッチ市場として否定しませんが、大きな市場の復活はないと思いました。
posted by アナリス at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「コダックの破綻」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事