2011年12月25日

無人ロボットカーレース

Googleがロボットカーを開発していることを紹介した。


ここでは、ロボットカーレースの記事を紹介する。
自動運転のレベルアップがしてきていることがわかります。

米国防省の無人ロボットカーレース

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2307521/2311355

このレースは2004年に第1回が開催され、過去2回は米国西部の砂漠で行われた。2004年のレースではすべてのエントリーチームが完走できなかった。エントリー車が無人走行のみで初めて街路コース完走を達成したのは昨年で、今回2位のスタンフォード大が優勝した。レースマネージャーのNorman Whitaker氏は、「市街地の設定は非常に複雑で、環境の変化がほとんどない砂漠コースに比べて、無人走行がずっと難しい」と語った。

 GMにとっては、自社の改造車が国防総省の需要に応えられることをアピールした形になる。米軍にはすでにGM製のトラック「ハンビー(Humvee)」が導入されている。また、タータンチームのスポンサーにはハイテク大手のグーグル(Google)、インテル(Intel)、ヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard)なども加わっている。(c)AFP/Tangi Quemener

タグ:分析
posted by アナリス at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「東京モーターショー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事