2011年12月11日

ホンダの自動運転カー

前回、自動運転についてトヨタが最初であるように書きましたが、ホンダも発表していたようです。

ホンダマガジンで知ったAC-Xです。
http://bizmakoto.jp/style/articles/1111/10/news140.html

 AC-Xは、市街地走行から長距離移動までを担う次世代プラグインハイブリッドカー。エンジン走行モードを選べば従来のホンダ車のようにアグレッシブな走りが楽しめ、自動運転モードを選べば移動をリラックスしてくつろぐ時間に変えられるというもの。

このリラックスを実感できる時代が早くきて欲しいものです。


タグ:分析
posted by アナリス at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「東京モーターショー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事