2011年11月03日

ホンダの出願動向

昨日、ホンダと日産の出願数が、販売と逆な傾向があったとし、ホンダの出願に漏れがないか確認するとしました。
調べた結果、漏れというほどのんものは発見されませんでした。

つまり、ホンダは、ハイブリッドに対しての出願数は、日産と比べ少ない模様。

ただし、調べて分かったのは、ホンダの出願数は、ハイブリッドより電動自動車の方が多いことです。

推測になりますが、この電動自動車の技術・特許は、ハイブリッド自動車に活かされているのではと思います。
なぜならば、特許上でハイブリッドのものは、エンジンとモータとの連携制御のものが多く、それに対し、電動自動車の技術・特許とは、エンジンに関わらないでモータに関わるものが多いので、ハイブリッド自動車で使える技術だからです。
posted by アナリス at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「ハイブリッド自動車」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事