2011年11月02日

ホンダと日産の逆転現象!

昨日紹介したマップをさらに分析してみます。

hv1997-2008.png

トヨタは、新型プリウス発表の2009年の2年前の2007年に350件以上の出願していて、日産、ホンダを圧倒する開発が行われた模様。
一方、現在、インサイトなどハイブリッド自動車を販売しているホンダは、50件に満たない出願数であった。
さらに、日産は、現在、ハイブリッドを販売していないにも関わらず、出願ししている。

このホンダと日産の出願数が、販売と逆な傾向があった。
ちょっと、心配になったので、ホンダの出願に漏れがないか、この後確認してみます。
タグ:分析
posted by アナリス at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「ハイブリッド自動車」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事