2011年09月06日

ルンバ特許

掃除機におけるロボットタイプの特徴は、壁などの境界を検出して、ぶつからないように移動方向を回転させる機能が必要。
それに関する登録特許を保有している。

特許第3563735号(アイロボット)
【課題を解決するための手段】
本発明によれば、境界信号が主として境界を規定する軸に沿って送信される持ち運び可能な境界信号送信機と、移動ロボットとを備え、ここで、前記移動ロボットは、少なくとも一方向に回転するための回転手段、境界信号検出器、および、前記回転手段を制御する制御ユニットを備え、前記制御ユニットは、前記境界信号を検出すると該境界信号を回避するアルゴリズムを実行し、該アルゴリズムは、前記境界信号が検出されなくなるまで前記ロボットを回転させるステップを備えるロボット閉じ込めシステムが提供される。

以上
タグ:分析
posted by アナリス at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「ロボット掃除機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事