2011年09月01日

iPhone分析のまとめ

最後のまとめをします。
「アップルは、iPhoneのUI機能・特許を使い、携帯電話ビジネスに参入して、次のステージに入るところ。」
ということが、分析によって分かりました。

もう少し詳しく振り返ります。
--------------------------------------------------------------------
アップルは、iPhoneのUI特許を武器に携帯電話ビジネス参入した。そのUI特許は、ノキアなどの携帯メーカとのクロスライセンスに役だった。
ただし、アップルは、すべてUI特許を他社にライセンスしたわけではなさそうで、キーボードフリック入力などのiPhoneの独自機能を残し、iPhoneを訴求させる戦略をとっている。

携帯機能のライセンスを受けられた今後は、CMで見てわかる無線機能などで、アップルの独自性をより出していく戦略なのでしょう!

グーグルは、iPhoneに対抗するためのアンドロイド携帯で苦戦していたが、モトローラ買収で特許面を補強。

これほどまでに特許がビジネスに影響する事例は、前例がないと思いますし、経営者の方たちにも、特許が戦略的な武器になることを感じさせてる出来事だったのだと思います。

特許に関わる私にとって、喜ぶべきことなのかもしれません。

タグ:分析
posted by アナリス at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「iPhone」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事