2011年08月12日

Windows Phoneとは

Windows Phoneについて、日本の特許を調べてみているのですが、
マイクロソフトの出願はあるものの、「メトロ・デザイン」と称する機能を特許権で保護するような出願は見当たりません。
まだ、努力が足りないだけかもしれませんが、もしかすると、名前の通り、「デザイン」のみの特長であって発明になるようなアイデアはないのかもしれません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110812-00000066-mycomj-mobi

この記事によれば、
まったく新しい使いやすさを実現するための新しいユーザーインタフェース。
メトロ・デザインと呼ばれる「従来のマイクロソフトとは一線を画すデザインで、まったく新しい、なんの模倣でもないオリジナルのUI」(横井氏)を採用した。

縦方向にスクロールするUIは、ライブ・タイルで埋め尽くされており、それぞれのタイルは単にアプリのショートカットとしてだけでなく、リアルタイムに情報が更新され、アプリを起動しなくても情報を確認できるなどの機能を搭載。

Peopleハブなど、一部の機能では選択すると横方向に広がる「パノラマUI」を採用しており、広がりのある横方向に情報を広げてみられるようになっている。

タグ:分析
posted by アナリス at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「iPhone」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事