2011年08月08日

iPone競合の入力

Microsoft、富士通東芝の対抗策。それぞれ入力方法で工夫している。

富士通東芝
http://www.fmworld.net/product/phone/f-12c/info.html?fmwfrom=f-12c_color

独自にカスタマイズした文字インターフェース「NX! input powered by ATOK」を採用しました。テンキー入力、QWERTY入力、手書き入力対応で、自分に合った方法で入力可能。また、キーボードの上からの手書き入力も可能です。

この手書き入力エンジンは、直感的に文字入力できるので、記号やアルファベットの切替も不要です。

Microsoft
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/2011_summer_feature/palette_ui/index.html?icid=2011Summer_Feature_palette_ui
アプリのグループ分けやそのカスタマイズができることが、特長のようです。

次は、特許分析へ。σ(^_^;)
タグ:分析
posted by アナリス at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「iPhone」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事