2011年07月13日

フリック入力の出願

前回速打ち「フリック入力」について、紹介しました。

http://www.teach-me.biz/iphone/input.html 

その特許を調べてみたところ、
そのアップルの出願を発見しましたので紹介します。
69ページの大作で、請求項1は、広い権利です。
さて、ここまま権利化できるでしょうか?

【公表番号】特表2010−517197
【公表日】平成22年5月20日(2010.5.20)
【発明の名称】マルチポイント感知装置でのジェスチャー
【全頁数】69
【出願番号】特願2009−548360
【出願日】平成20年1月22日(2008.1.22)
【優先日】平成19年1月30日(2007.1.30)

【要約】
【課題】マルチポイント感知装置、及びそのマルチポイント感知装置でジェスチャーを実施する方法を提供する。
【解決手段】感知装置でジェスチャーを実施する方法及びシステムが開示される。
より詳細には、マルチポイント感知装置でのジェスチャーに関連した方法及びシステムが開示される。

【請求項1】
1つ以上のオブジェクトから入力を受け取るためのマルチポイント感知エリアを与えるマルチポイント感知装置と、
前記マルチポイント感知装置のマルチポイント感知エリアによって受け取られる所与の入力取り合せに対してジェスチャーセットを決定し、そのジェスチャーセットに含まれた1つ以上のジェスチャーイベントに対して前記所与の入力取り合せを監視し、そしてジェスチャーイベントが前記入力取り合せで遂行されるときにジェスチャーイベントに関連した入力アクションを開始するように構成されたジェスチャーモジュールと、
を備えた電子システム。

タグ:分析
posted by アナリス at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「iPhone」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

過去ログ
最近の記事