2011年03月03日

イオンによる空気清浄機能の3社比較

前回ブログでダイキン、パナソニック、シャープのイオンによる空気清浄機能を比較をしたが、
分かりにくかったので、再度、整理し直しました。

技術名プラズマクラスターナノイー高速ストリーマ
メーカシャープパナソニックダイキン
技術の特徴マイナスイオンを機外に噴出させて、浮遊する花粉を分解除去する技術のパイオニアであって技術No1。プラズマクラスターの追従をしつつもナノサイズのイオンミストにすることによって、長持ちし広範囲の空気清浄をすることで差別化。プラズマクラスターと同じ方向を避け、機外の花粉の分解除去ではなく、機内のフィルタに捕えた花粉をハイパワー化したプラススイオンにより芯まで花粉を分解することで差別化
                      
次回は、プラズマクラスターの特許や技術について調べたものを紹介する予定です
タグ:分析
posted by アナリス at 22:01 | Comment(0) | テーマ「花粉除去の空気清浄機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事