2011年03月01日

空気清浄機のメーカ比較

ダイキンの「光速ストリーマ」、パナソニックの「ナノイー」をこれまでHPと特許で見てきました。
次は、シャープの「プラズマクラスター」を見ていこうかと思います。

2/26ブログで「光速ストリーマ」と「ナノイー」の違いについて書きましたが、
それに「プラズマクラスター」を加えて比較してみました。

プラズマクラスターの特許は、他社に比べ、古くからのものが桁が違うくらい多くありました。
イオンによる空気清浄のパイオニアといっても良いと思います。
そこで比較は、プラズマクラスターに対する比較として示めすことにしました。

技術名プラズマクラスターナノイー高速ストリーマ
メーカシャープパナソニックダイキン
イオンが
機能する領域
機外機外機内
発生イオン
の極性
マイナスマイナスプラス
技術の特徴(基準)→ナノサイズ
のイオンミスト
フィルタで捕えた花粉にイオンをぶつける
効果浮遊物質
を分解・除去
長持ち広範囲花粉の芯
まで分解


以上
タグ:分析
posted by アナリス at 22:47 | Comment(0) | テーマ「花粉除去の空気清浄機」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


過去ログ
最近の記事