2019年08月24日

IntelのADAS技術を推進するMobileye(モービルアイ)とは

Mobileyeが保有する技術は、単眼カメラによる自動ブレーキ技術と、人工知能(AI)によるリアルタイムマッピングシステムがある。

□企業


イスラエルのエルサレムに拠点を置く会社。 2017年に 買収で、INTELの参加に入る。


Mobileyeは、先進運転支援システム(ADAS)を可能にするソフトウェアの大手サプライヤ である。



□製品( 市販品 )


モービルアイ570


モービルアイ570は、 後付けできる衝突防止警報補助システム。ドライブレコーダーのように後付けする 市販品。





□提携


親会社がINTELである。


25社以上の自動車メーカーのパートナーがいる。


BMWとIntelとで完全自律型自動車を開発する。2021年の生産開始を計画。


□技術


保有技術(1)は、単眼カメラによるセンシング技術がある。 画像処理チップ「EyeQ3」を使う単眼カメラは、日産やマツダのクルマに搭載され、 歩行者対応自動ブレーキ試験で、 優れた性能であった。(出展;日経XTECH  https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/mag/15/00173/00001/


保有技術(2)は、 リアルタイムマッピングシステム、人工知能(AI)の強化学習システムの技術がある。


これらの技術は、 「CSLP(セントラル・センシング・ローカリゼーション・アンド・プラニング)」 という元DelphiのAptiv が提供するADAS開発環境で使える技術として、提供されている。 ちなみに、CSLPでは、AI、ディープラーニング、クラウドソーシングを含む最新のテクノロジを ターンキーで 活用できる。


□特許


米国特許、欧州特許、など、特許出願をしている。


詳細は、検討後に掲載予定。


seesaa_profile_iconクリックで、自動運転車の動向専用サイトへ


posted by アナリス at 14:55 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

ソーラーパネルで動く電気自動車の実力


ソーラーパネルで動く電気自動車を販売するのが、Lightyear。

その実力は如何なものか?

□企業

オランダに拠点をおくスタートアップの電気自動車のメーカー。

Lightyear Oneという自動車製品を2020年から €149,990  で販売する。2000万円を切った価格で販売される。



□技術

ソーラーパネルで太陽光で発電した電気を元に走る車をで、究極の低消費電力の自動車の技術開発ができる。

Lightyear One は、1時間に12キロの充電ができ、フル充電すれば720キロ走行が可能という。

空気抵抗を小さくしたデザインや車体の軽量化、 ソーラーパネル を車体に取り付ける工夫など電気自動車を開発する技術がある。

自動運転の技術があるわけではない。

□特許

公開された特許出願を調べたが、発見されなかった。


seesaa_profile_iconクリックで、自動運転車の動向専用サイトへ

posted by アナリス at 21:36 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事