2017年09月03日

続)全自動衣類折りたたみ機「Laundroid」の特許

前回出願書誌だけを紹介した、出願番号: 2011-537128 (特許5317239)の中身を見てみた。


まずは、4つの図面をみて欲しい。技術が想像できる方もいるだろう。


服の折る場所が示された図。

JPA1015198791_000013.gif

折る手順が示された図。狭持版を服に当て折っていく。

服を把持する部分が服を押さえ垂れ下がらせる。

JPA1015198791_000021.gif



折る手順。検出とは、内蔵カメラからの画像を使い、服の個々の位置を検出などの画像認識によるもの。

JPA1015198791_000016.gif


把持する手のような存在。

JPA1015198791_000008.gif


このように、挟持板、把持部、カメラ、などの内部構成部品が動作しながら、

服の折る位置が適切になるように内蔵カメラの画像を処理して検出し、

挟持板の服に当たる位置を調整し折る。それを繰り返しながら一連の作業を行い、すべて折りたたむというもの。


イメージを掴めたでしょうか?




----------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_icon動向調査サイト


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------




posted by アナリス at 13:05 | Comment(0) | 衣類折りたたみ機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事