2018年02月25日

2017年11月度ニュース掲載Wordランキング

seesaa_profile_iconサイト

では、「自動運転」に関する記事をDB化しキーワードをタグ付けしています。

2017年11月発行のニュースに掲載された「企業名」、「Word(技術用語)」のランキングを集計して、11月の注目記事をお知らせするものです。


まずは、ランキングを見てください。

 トップ2企業は、「トヨタ」「Waymo」(Googleの関連会社)で、10月と同様でした。

しかし、3位のUBERは、10月のトップ20には入ってなく、11月度の注目企業となりました。

そのUBERの記事は、例えば、「ウーバー、ボルボ車2万4000台購入で合意−自動運転技術を搭載へ」bloomberg

にあるように、UBERがボルボ車を2万4000台を購入し、自動運転技術を搭載するというもの。


1台500万円とすると、総額1000億円くらいのUBER費用になる計算です。


それ以上に注目されるのが、、自動運転技術を搭載すること。


UBERビジネスに実際に使うのでしょうね。その点が凄いと思いました。

今後のUBERビジネスの動きが注目されます。


逆に、3位だった「GM」は、トップ20に入りませんでした。

それだけ、市場の話題は、毎月変わってきているということなのでしょう。市場が動いていることが感じられます。

 10月度のランキングや、実際のニュース集は、seesaa_profile_iconサイトに掲載していますので、ご覧ください。


posted by アナリス at 16:12 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

自動運転車の普及の鍵を握るライダー(Lidar)

ライダー(Lidar)について、調べてみる。

light detection and ranging(光による検知と測距)」の略語とされソナーやレーダーと同様に、「反響定位法(echo location)を採用している、物体検知技術である。詳細


1)Lidarは、自動車の行く先にある障害物を立体的に検知し、検知情報を3Dイメージ化する。
2)3Dイメージを解析して、障害物であるかどうかを判定する。
3)障害物と判定された場合、距離を計算する。
4)衝突しそうな距離と判定したらブレーキをかけるなどの自動車を制御する。

これが自動運転車の1つの機能となる。

自動ブレーキだけでは無い。自動追従にも使える。

白線検知ではみだし防止にも使える。

つまり、Lidar技術は、自動運転自動車のキー技術になる。

次に、Lidarを開発にできる企業を記事で調べてみた。

ベロダイン(Velodyne)、イスラエルのLiDARメーカー「イノヴィズ」、Luminarの名前が上がった。


技術の違いなど、このあと、調べてみる。


次回をお楽しみに!



自動運転の情報ならば、seesaa_profile_icon





posted by アナリス at 21:29 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

宅配やバス・タクシーの業界に影響するするトヨタの『eパレットコンセプト』

CES発表のトヨタの『eパレットコンセプト』を見てほしい。

ざっくり言えば、大小の自動運転車が人や物を搬ぶもの。
これでは伝わらないようで、宅配を例に説明する。

自動車は、基本、「無人」。
大型自動車は、高速道路など長距離運送に使い、一方、小型自動車は、個々の家への配達を担う。

大型と小型の連係もスムーズ。

時間や場所が自動的に調整してされるのかな?!

メールなどで、宅配便を呼ぶと、家に取りにきてくれ、
集配所に小型自動車が搬び、大型自動車に荷物を自動で積み降ろしされるイメージ。

こんなコンセプトが描かれて、今後開発が加速されることになる。




posted by アナリス at 09:46 | Comment(0) | テーマ「自動運転」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ
最近の記事